エッセンスについて

 

​冬グループ(第4四分円​)

​【老年期】芽吹きへの備え、円熟、完成

最終章の第4四分円は老年期に入ります。

経験からの受容性と完成がここにあり

 

ゆっくりとリズムは遅くなります。

再び子供のように頼り合い

円熟との心の豊かさという宝を携えて女性性に戻ります。

​冬は衰えの季節とよく言われますが

 

それは春の前に巡ってくるというだけです。

​ブラックベリー

「純粋な思考」

射貫くような目で黒猫のイメージです。

自分自身の思考を常に意識して、自分の思考が他人に影響を与えることを自覚しています。

正直さがあるのでセラピーをする人、相談役に向いています。

率直な物言いですが、嫌な感じではなく、経験からくる知識を話します。

ブラックベリー.jpg

​ストロベリー

「尊厳、威厳」

「自分自身を尊敬している」

ということが難しいような教育を受けてきた日本人にとって大切な価値観を持っています。

どんな立場や状況においても決して自尊心を失わず、高貴さを無くしません。

身振り手振りは大きいですが静かです。美しくて落ち着きがあり、男性なら男性らしいですが​、マッチョではなくハンサム。

デザイナーやバレエダンサーなどにも見られます。

ストロベリー.jpg

グレープ

「愛、献身」

第4四分円最後に位置するグレープはまさに「愛」の総決算です。

​グレープの人と一緒にいると子供になった気分になり、相手から受け入れられている気分になります。

ブドウの外見の丸さと通じて、太っていはいないけど存在に丸さがあり、それは彼らのスピリットの本質が満たされていっぱいな感じです。

グレープ.jpg

​デーツ

「優しさ、甘さ」

慈愛、叡智、共感が深い所で流れているような人です。

周りの人を受け入れ、ソフトで甘い雰囲気を持ちます。

周りを啓発し、彼らの愛に触れることで同じようにセンシティブに行動するようになり、人をジャッジせず、おばあちゃんのような愛で歓迎するようになります。

デーツ.jpg

​ラズベリー

「親切心、慈愛」

どちらかというと裏方にいるタイプで人の話を良く聴く人です。

ゴタゴタに巻き込まれず、ハートの性質の強い人です。

言葉ではないメッセージを発しており、周りの人は「私はあなたのためにいます」と感じられます。

頬がバラ色の人がしばしいますが、その人自体がラズベリーのようです。

ラズベリー.jpg