海の瞑想

こころを視るということ。

「考えすぎ」

だと、自らをを制したことがある人は多いでしょう。

だけども思考は止まりません。

今日の事、過去の事、未来の事、、、

意識はどこにあるのでしょう?

考え出すとまた思考のスパイラルに入り込みます。

マインドフルネスなど

大手の企業でも瞑想のメゾットを取り入れていたり

思考を止める

今にあるということの重要性が

今後もますます主流になっていくでしょう。

思考の置き場所を頭ではなく

ハートに降ろしてみてください。

意識(イメージ)の上でハートに定着させると意図します。

ハートに意識があると

出来事に対して

「イライラする」

「こわい」

などの言語化された思考は動かずに

胸が圧迫される

ちくっとするなど 

体感を通して伝わります。

体感として捉えたものを受け止めてみてください。

そして、手放すと決める。

 

このようなハートの感覚でいつもいることによって

出来事とこころの距離感が掴めるようになり

いつも落ち着いて

出来事を客観的に

多角的に見れるようになります。

​いつも平和でいましょう。