空の道を歩く女の子

ズレたら戻るを繰り返す。

「自分軸」を持つ

というテーマは今

あちこちで言われていますね。

他人とのスペースを取ったり、

身近な人や仕事のパートナーなどに

干渉してしまう自分に気づいたり

人と比べない、自分は自分

ということを意識したり

自分自身の感情や思考をみつめて反省したり

改善しようと努力したりします。

自分軸でいるということの中に

自分の使命って?

という追及願望が入っていることが多くあります。

自分の使命と言うテーマは

そもそもの自分の軸が揺らぐと

考えれば考える程、

迷いが生じて混乱を招きます。

自分の使命というテーマは魅力的で

皆気になること

かくいう私自身も

長年このテーマが知りたくて知りたくて追求してきました。

そして

自分の使命って、

ひとそれぞれかなりオリジナリティーに溢れているのでは?

と思うようになりました。

これまでの既存にあるもの、

とも限らないですし。

そして

大小は関係なく

人によりそれぞれです

様々なネガティブな感情を手放していき

いつも心身ともに

リラックスしている状態がキープできると

おのずと、これをやってみたい

想像するとワクワクする!

というようなことが出てきます。

それが自分軸。人生のシンボルとなります。

まずは常にリラックスしている心身の状態

土台をつくること。

そうはいっても日々の暮らしや

人とのかかわりあいの中で

何かしら変化が起きて心は揺らぎます。

常にリラックスしているということは、

なかなか実は難儀なことです。

立ち止まったり、ネガティブに苛まれて

後退するような気持ちになることもありますが

「わたしはどうしたい?」

自分の中に灯した「ワクワク」をシンボルに

いつも問いかけてみてください。

ズレたら戻れば大丈夫です。

​焦らずに行きましょう!

こちらの記事もどうぞ

グラウンディングへの意識

フィールドで歩く女