チャクラとフラワーエッセンス

こんにちは!


乾燥が強くなる季節になりましたね。


紅葉した葉っぱも枯れて、


地面に舞い降りて、


乾いた風に吹かれ、土に還っていく。

自然界の自然はいつも狂いなく完璧に繰り返されていきますね。

今年はコロナ自粛もあり、


色々なお勉強に取り組む1年になりました。


アロマ資格、


そしてチャクラ、


自分の神話塾。

特にチャクラの学びはとても大きく、


古代の叡智なだけにすこし難解なイメージですが


サロンで様々な「不調」に対しての


身体へのアプローチをしていると


ぶち当たる壁は、対処療法的なケアしか出来ない


ということ。

それはそれで大事なことで、


物理的に溜まった疲れのメンテナンスはしないと、


なんですが


「不調」の要因、というか


身体に現れる「不調」は最終段階で


本当はもっと前から不調の兆しはあったはずなんです。



インド🇮🇳にお住まいのあきこさんのYouTubeを観ていて、


たまたま「フラワーエッセンス」のお話をされていて


フラワーエッセンスがすごい♡HSP、HSCのかたにおすすめ。日本のフラワーエッセンスの紹介。お花のエネルギーをあつかってるかたは本当にエネルギーがいい。



ちょっと興味が湧いたもので、


創始者のバッチ博士の本を読んでみました。

フラワーレメディーズ ウィズダム―花びらの癒しの手紙、心への返信

  • 作者:エドワード バッチ

  • メディア: 単行本

バッチ博士は


幸せで調和した状態にあれば、


自然界のどんなものからも傷付けられない。


病の治癒には美しい段階があります。それは次のものです。


①平和

②希望

③喜び

④信仰

⑤確信

⑥知恵

⑦愛



と、記されていています。


自然界のどんなものからも傷付けられないとありますが


コロナウィルスも然りだと思います。


そしてこの7つの段階も


チャクラの7階層と同じだと思います。

ちょっと言うのが恥ずかしいですが、


最後は「愛」なんですね。

さらにフラワーエッセンスについて調べると、


ホメオパシーから発展したレメディーですが、


ホメオパシーのような「同種療法」(毒を以って毒を制する)


とは真逆の発想で


エッセンスのポジティブな性質→ネガティブな心理状態


を相殺するというもの。


個人的にはとてもナチュラルに理解できました。

心を癒す方法や生まれてきた自分の使命とは!?


ということは、今、


誰もが考えている案件ですよねーきっと。


自然界にはかなりのヒントがあり、


ここから紐解ける真理があると感じています。


ワクワク!


フラワーエッセンスについてはまた書きますね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示