フルーツフラワー・セッションと私の中にあるイメージ。




今日はフルーツフラワー・セッションで、



エッセンスを選んだり



クライアントさんにお話することや、実際にイメージで行っていることを少しお話しますね。



セッションで使用する道具の中に



エッセンスを星占いのように円状に「20分割」されているチャートで



「スペクトラム・チャート」というものがあります。






これは4季(シーズン)に順じて一方に「進んで行くもの」


と捉えがちですが


それだけだと、あくまで2次元的な表現になるので






わたしはもう少し、3Dとして捉えます。






「生きているもの」は全て振動し、循環しているので



静止している2次元的世界の中では、



誕生も繁栄も衰退もない世界です。







なので、ほんとうは2次元的チャートの「間」を行き来している私たちの



リアルをイメージすると、チャートはこのようにトーラス状になります。









みごとな円錐型が素敵で写真に撮った紫陽花も


写真にとると、陰影はあるものの、二等辺三角形みたいですよね~







2次元チャートから3次元に起こしてみると



平面的だったエッセンスのキャラクターが命を宿し



リアルで柔軟でより自分の個性に近い部分が見えてきます。







フルーツ達よ!!





わたしたちは基本、3次元までしか可視化できませんが



でも、イメージの中で、どこか3次元よりも上の層が湧いてくることはありますよね。









そのイメージこそが「直観力」



本来、誰にでもあるものだと思います。



ただ、ジャッジすることなく、フローな感じで「直観」にしたがえば





本来の物事の流れに乗るような感覚でいられるはず。







ちょいと抽象的な話になってしまいましたが



フラワーエッセンスのような「エナジー」を扱うものに対して



すごく大事にしている部分です。






セッション、5月31日よりオープンです。

0件のコメント