微細なものを表現しよう。

こんにちは。ピカケですよ。

こんな私でも


最近、すっかりYouTubeをよく見るようになりました。

わたしは小中学生の頃、「おまじない」が流行っていて


「My Birthday」


という占いの雑誌を当時、真剣に読んでいました。


そのなかでよく


マドモアゼル愛」先生という方がいて


西洋占星術の先生なのですが


時代を経てYouTubeで発見したときはちょっと興奮しました。

ちなみにマドモアゼル愛先生は男性です。

(父親世代のおじいちゃん!)

西洋占星術


ざっくり言うと、


星の運行で運勢をみていく占いですが


マドモアゼル愛先生は


量子物理学をよく理解されていて


ロジカルに星読みをしているイメージです。

そして、よく動画の中で


「微細なもの」という言葉をよく使われています。


わたしはこの「微細」がすごく気になりました。


微細なものの反対は


粗雑、おおざっぱ、キメの粗さ、、、


☆~~~ここからはマドモアゼル愛先生のお話~~~☆

例えば「圧力」


圧は色々、、電圧、水圧、気圧、風圧などあるけど


圧が段々、微細になっていくものの方が


より根源的なエネルギーをもたらす。


簡単に言えば微細な圧の方がより大きな現象をもたらす。


☆~~~おわり~~~☆



そして人間は


微細な声の違いを聞き分けたり、


触れた、触れられた感触の違いをはっきり感じられたり


香りをかぎ分けたり

無意識に五感をフル稼働させてますが


その中でも

五感以上の細かなもの

言語化しないだけで、実は感じているのだと思います。


(それを微細と言っている気がする)

それはだれ一人と同じではなく


それは人それぞれが「微細」に違うものを元々持っている。


その「微細」さを表現していくことが 


その人らしい


AIにもかなわない


新しい生き方であり


その美しさに魅かれる人達が現れる。


なんて


マドモアゼル愛先生の言葉を聞いていて感じました。

ちょっと抽象的な話になってしまいましたが


微細なものの見つけ方は??ってなったら


是非、大まかなものから見つめていくとよいかなと思います。

今、それを見つめるチャンスの時期でもありますね。


私もそうします。




0件のコメント

最新記事

すべて表示