来る「冬」に備えて。。腸セラピー+クラニオセイクラルコース。

更新日:2021年12月12日

こんにちは!日が経つのはあっという間でもう11月です。

日に日に日照時間が短くなるのは、わかっていてもちょっとさみしく感じます。






みなさん、冬は得意ですか?

私は元々冷えやすくて毎年「冷え」対策に余念がありませんが



年々、自分自身のカラダにとって必要な栄養素とか、運動、やるべき行動など

トライ&エラーを繰り返してきているので(エラーの方が多いけど)



方向性はだいぶ、年の功もあってか、つかんできてはいます。



でも最近は「春」や「秋」があまり感じられなくて

「冬」がとても長く感じる



先日、実家で冬の食べ物の備蓄の仕方を見ていて(乾燥させて加工したり)

食べ物が取れない時期も、こうして昔から自然に加工して



人間は命を繋いできたんだと思いました。








「冬」という時期は、備え、蓄え、地中で静かに育む時期なんでしょう。




「冬季ウツ」というのもあるけど

それは本人の意志力が弱いとかではなく



寒い季節でも、血液が巡り、排泄力も高く、気が滞りなく流れ

生きている身体の隅々まで、循環が上手くいっていれば



冬は冬眠~。。。ってならなくてもいいんだな

と思ったのはつい最近の事です。




ただ、人はそれぞれのシナリオを持っているので

「冬も元気に!!」を無理やり押し付けたくはないです。



休みたいとき、動きたくない時

立ち止まったりするほうがよいときかもしれない。



本人の「生命力」がそうしたくてしているのだからそれでいい。

でも、こんなに動けないのは自分が怠けているからと



今の自分のカラダの段階を理解していなければ

そんな葛藤が生まれてつらくなります。








12月末まで「冬」という時期をどう過ごすか

わたしなりに考案した、

クラニオのキャンペーンメニューを開催したいと思います。



腸セラピー+クラニオセイクラル 90分コース

¥7,000


「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンですが

腸と脳から作られています。



ご自身で感じる「腸」を始めとする消化器系のせん動や

固い、柔らかいなどの感触など



「臓器」は「脳」よりも体感を得られやすい部位なので

ご自身の内臓感覚と変動を感じられると思います。



そして「腸マッサージ」で圧をいれることで

意図的に消化機能と代謝を促進させます。



一方クラニオでは

脳へのアプローチで脳脊髄液の流れをよくすることで



セロトニンに限らず、神経伝達物質やホルモンバランスに働きかけて

自律神経が整うことにより



腸セラピーとの相乗効果が期待できます。



効果は様々あると思いますが

「冬は鬱々とする」って方におススメしたいコースです。







「触れる」「触れられる」

といった機会が失われつつあるご時世ですが



人は「触れあい」がないと死んでしまいます。

(マウスなど、哺乳類全般みな同じ)



クラニオが何かのきっかけになれれば、幸いです!!




コースについて、ご予約はこちらからどうぞ~。

0件のコメント

最新記事

すべて表示