森の中で治癒するのと。

たまたま見ていた養老孟司先生のYouTube



森へ行ったら顎関節症が改善した人がいる、という話が出てきて(養老先生ご本人のエピソードではない)



森へ行ってリラックスして体の力が抜けて、自己治癒力が発動したということですよね。





現代人は余計なことをやりすぎる、というテーマでしたが



本当にそうですね。。。






わかっちゃいるけど、、やめられない!



というダブルスタンダードになりがち。



そしてそのダブルスタンダードは後に心に葛藤を生みます。







森で顎関節症が改善された人も、顎関節症を治そうとして行ったわけではないし



ホリスティックな治癒というのは、自分の意識でコントロールできるものでもなかったりします。







心に葛藤を産まないためにも、



その握りしめた「こだわり」みたいなものを手放した方が、



いっそ楽。



自分の生命力を信じられたら、こだわりは自然に手放せます。






そんで、その「森へ行く」みたいな行為が



クラニオだな〜って思います。





修行中。リリースまでお待ちくださいませ〜。

0件のコメント

最新記事

すべて表示