マグちゃん問題。


過去記事で洗濯マグちゃんについて書いてました。



「噂のマグネシウム洗濯で業務用のタオルが洗えるのか」






数日前から消費者庁からのマグちゃん根拠な~し!!のニュース


「洗たくマグちゃん」根拠なし





消費者庁からの措置命令も読んでみました。⇒こちら











〜以下一部抜粋〜



宮本製作所に対し、期間を定めて、当該表示の裏 付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社から資 料が提出された。しかし、当該資料はいずれも、当該表示の裏付けとな る合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであった。




当該表示がどんなものだったか



  • 消臭+洗浄+除菌<洗濯物と 洗濯機にうれしい3つの効果

  • ご家庭の水道水がアルカリイ オンの水素水に変身!洗剤を 使わなくても大丈夫なお洗 濯

  • 部屋干しのイヤな臭いをスッ キリ解消!

  • 洗濯物と一緒に入れるだけで 洗濯力アップ!!

  • 「菌の抑制」及び「除菌試験に より99%以上の抑制効果が 確認されています。

  • 「皮脂汚れの分解力アップ」及 び「市販洗剤+洗たくマグち ゃんで約30%の分解力の向 上が確認されています。

  • 部屋干しのイヤな臭いが気 にならなくなります。

  • 消臭・洗浄の効果は300 回以上(約 1 年間)と長持ち です



【洗浄力について】


「洗浄」及び「洗剤に負けない 洗浄力」並びに「<皮脂汚れ の分析試験>試料を使用した ときの皮脂汚れの減少量測 定」と題し、「【水のみ】 分 解率14%」、「【マグちゃん】 分解率30%」、「【市販の洗濯 洗剤】 分解率30%」の棒グラフ及び「マグちゃん単独 使用でも市販の洗濯洗剤と同 等の皮脂汚れ分解作用があり ます。





【除去率について】


「消臭」及び「部屋干しのイヤ な臭いをスッキリ!!」並び に「<臭い成分の除去試験> 部活をして帰ったお子様の、 汗にまみれたユニフォームの 臭気の減少量を測定 水洗 い・・・添加試薬残量37m g/㎥を基準とする」と題し、

「【マグちゃん】 除去率7 0.1%」、「【市販の粉末洗剤】 除去率6.2%」、「【市販の液 体洗剤】 除去率7.3%」

の棒グラフ及び「臭い成分の 分解率は、市販の洗濯洗剤の 約10倍!臭いの原因になる もとを分解し、部屋干しのイ ヤな臭いをスッキリ解消して くれます。」 ・「除菌」及び「除菌効果は99% 以上! ※但し特定の菌に限 る」




以上 (一部です)





「除菌試験により99パーセント以上の抑制効果」


「臭い成分の分解率は市販の洗濯洗剤の約10倍!」





このあたりが引っかかってそうですが、


※ただし特定の菌に限ると記載がありますが、これでは打ち消しにならないとのこと。








個人的には結構想定内というか



利権はこういう「界面活性剤不使用」とか良くは思わないだろうなと思っていたし






でも消費者庁的には



「洗剤の10倍」という誇大表示になっていたことが問題なわけで






マグネシウムを入れるとph値が上がって、弱アルカリイオン化し洗浄効果はある。



ことは事実なので、ちょっと雑な説明ですが



わたしは今までどうり変わらずに使います。



汚れ落ちや使い勝手



無駄に余計なものが(匂いも)生地に染み込まない感じや



環境面も含めて、総合的にそう思います。











それにしても



地球や宇宙から見て



合成洗剤を海に垂れ流しにしていることと




地球環境と人間の暮らしを重視して開発されたもの




現時点でどちらも必要で存在していると思いますが



本質的に合理的じゃない方はどっちなんでしょ???






「根拠なし」



って強い言葉だ。。。。。



0件のコメント